創業時の資金調達の方法

創業時の融資

[資金を調達する]

起業したらまずはキャッシュ確保を!

 

起業したら制度融資と日本政策金融公庫

 

会社を作ってまず考えるのが資金。企業資金のうち、自己資金で足りない分は、借り入れか出資になる。実際のところ、会社を作ったばかりの会社に出資するケースは少なく、また、銀行などから融資を受けられる可能性も低い。
しかし、会社設立直後でも融資可能なのが制度融資と日本政策金融公庫の融資である。住宅ローン並みの低金利で融資を受けられるので、申し込みをしておくことをおすすめしたい。
また融資を出資では、大きく特徴が違ってくる。それぞれの特徴に合わせた資金調達方法を実施したい。

 

 

出資と融資の違い


「返さなくて良いお金が出資(資本)、返さないといけないお金が融資」
である。また、資金の出し手に対しては、
「出資は株の値上がり益と配当を返す、融資は金利を返す」
という違いがある。また、
「出資の場合は株の譲渡が必要、融資の場合は株の譲渡が不要」
という違いもある。経営権の部分的な譲渡を伴うのが出資と言えるだろう。
資金が潤沢に有り、経営権を保持したい場合は、融資にとどめ、出資は受けないという選択肢もある。
一方で、出資を受けると、投資元(親会社)は、投資先の株式価値の増大のために協力をしてくれることがある。

 

 

シナジー効果(相乗効果)や協力が得られるかもチェック?

出資を受ける際は、金銭的な条件だけでなく

シナジー効果(相乗効果)や協力が得られるかもチェックするするべき重要なポイントである。

出資は出資元の販売協力、ブランドなど相乗効果を重視。
融資は金利、個人保証・担保の有無を重視しましょう。
制度融資・公庫融資は低金利(1%台~)で、無担保・無保証も可能なので、まずは公的融資にトライ。
公庫融資の上限額が以前より引き上がった点も注目しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る