キャッシュフローを改善する9つのコツ

キャッシュ

 

キャッシュフローを改善する9つのコツ

 

1.資金調達で余裕資金を確保する。

資金調達により余裕新を確保する。いざという時のため多めに資金を確保しておくくらいがちょうど良いだろう。次ページ以降に述べる手段で資金調達を行おう。

 

2.前払い。複数月の一括払いを促進する、値引きをする

料金の前払い、特にちょうきにわたる契約をまとめて先に入金してくれる顧客に対しては、値引きをしよう。
まとめ払いの効果としては、かいやくされにくくなり契約関係が安定する他、何より入金を先にもらえるため、余裕資金ができる。
値引きなどのインセンティブをつけてでも、前払い・一括払いを促進していくべきであろう。

一括払いの手法の一つとして、リース契約がある。
リースにすることにより先にまとめて入金があるため、資金的な余裕が生まれやすい。
また、契約が長期にわたる場合は、納期後の支払いではなく、分割支払い・着手金の交渉もしよう。

 

 

3.支払はなるべく後払いにする。

逆に支払い側の場合は、教区力支払いが遅くなる、後払いにしてもらるように交渉する。

立ち上げ当初は特に信用がないため、後払いに応じてくれないケースがあるが、地道な交渉で、支払サイトをなるべく後倒しにする努力をしよう。

但し、支払の遅延などがあると信用に関わるので注意。あくまで事前に取り決めた支払サイトに余裕を持つということである。

 

 

4.給与支払日の設定を工夫する

給与支払日は月末締めの翌月25日ないし27日等が常識的な範囲の遅めの給与日である。

従業員の理解が得られるようであれば、やや遅めの給与支払日にした方が会社の余裕資金は生まれる。

コストに占める割合が人件費の割合が高い業種は特に給与日はよく考慮したほうが良い。
当月末払いか翌月末払いかで、1ヶ月分の人件費のキャッシュが違ってくる。

但し、入社当時の生活費のやりくりに困っている社員の場合は、採用に影響を及ぼすので、社員の生活状況とのバランスを考えよう。

 

 

5.経費削減努力

無駄なお金は極力払わないようように、

調達時には、相見積もりや価格コムでの相場調査を行う。業務や生産の中でのコスト削減努力は企業の基本である。

 

6.ボーナス制度

月額固定給与を高めにするのと、ボーナス制度を導入するのでは、

年ベースでの支払総額が同じであれば、月額を多く支払うより、

ボーナスは後に払う分だけ、ボーナス制度の方がキャッシュフローが改善する。

 

ボーナスは経営側からすると給与の前借りと同じ側面がある。

但し、ボーナスの場合、つい支払い総額が増えがちではある。

従業員のモチベーションアップに繋がるような魅力的なボーナス制度にする必要がある。

また、キャッシュフローベースで業績に連動したボーナス制度の設計にしたほうが経営リスクはヘッジできて良い。

 

 

7.クレジットカードを活用する

クレジットカードを使うと支払いは翌月ないし翌々月になる。
法人カードができれば良いが無い場合は、個人のクレジットカードで建て替えも検討。
その場で現金で払うのに比べると、1ヶ月以上、キャッシュアウトを後倒しにできる。

 

8.債権回収

入金期限を超えた債権は、時間が経てば立つほど回収が難しくなる。
期限を超えたらすぐに督促しよう。そのためには入金予定を厳しくチェックし口座の明細と付け合わせる必要がある。
債権回収の督促状の雛型は創業手帳Webに掲載されているので活用して欲しい。

 

 

9.消費税

消費税は新設法人は最初の2期(2年間)は、一定条件で免税になる。「2年間消費税を払わなくて良く大きなアドバンテージ。
資本金1000万円未満の独立した法人のうち、1年目の売上が1000万円以下、もしくは最初の半期の人件費が1000万円以下い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る