キャッシュフローを改善するコツ

アフィリエイト

キャッシュフローを改善するコツ

 

黒字倒産とは?
創業期は特にキャッシュフローを重視しよう

 

起業したら「キャッシュイズキング」現金が一番大事です。

仕入れや給与の支払いなどまずはキャッシュがないと企業経営は立ち行かない。
帳簿上の売り上げだけでなく、実際に手元にあり自由に使えるフリーキャッシュフロー=現金をいかに多く確保するかが安定した経営の第一歩と言える。

 

 

黒字倒産

帳簿の上では黒字でも、キャッシュがないことで倒産する!

「黒字倒産」という言葉がある。帳尻あって銭足らず、という状況である。

掛け取引の場合には、実際には入金がなくても売上確定の時点で売上計上することが多い。

 

また、投資を減価償却するケースでは、資産計上し、何年にも渡り費用計上することがある。
今後、価値を生み出すため、資産としては計上されているものの、手元に現金があるわけではないので、いざという時には資金として役立たないケースが多い。
従って、売上・利益と手元のキャッシュフローは必ずしも一致した動きをするわけではない。

 

キャッシュフロー経営

こうした理由により、「黒字倒産」という現象が生まれる。
一方で、赤字でありながら、企業が長期的に存続するケースもある。

手元にキャッシュがあれば企業は潰れない。

収益が上がっていないのは、好ましい状況ではないが、会社が潰れるよりは良く、こうした状態が続いている会社も少なくはない。

 

まずは、会社を潰さない。という観点で言えば、特に資金繰りが安定しない創業直後はキャッシュフローを重視した経営を行うべきであろう。

普通のサラリーマン出身の経営者は感覚の違いに気をつけたほうが良いだろう。

 

単に売上・利益(PL)、資産・負債・資本(BS)だけではなく、現金(CF・キャッシュフロー)の動きを特に注意深く把握していく必要がある。

 

創業期の経営の基本

1.キャッシュフローを最重視
2.キャッシュアウトを抑える
3.キャッシュインを早くする

黒字倒産に気を付けよう
黒字倒産とは?
帳簿上の売上は上がっているが、手元の現金が足りなくなり会社が潰れること。

財務諸表のポイント
売上・利益→PL 損益計算書  儲けを示す
資産・負債・資本→BS 貸借対照表 資産の状況を示す
お金の増減→CF キャッシュフロー計算書 現金の状況を表す(重要!)
創業期はとにかくキャッシュ(現金)を確保する!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る