ターゲット顧客を集める格好のツール

Target

ターゲット顧客を集める格好のツール

人の興味や関心ごとにキーワードを使ってターゲティングできること。

これにより、あなたの取り扱う商材に特別な関心をもつユーザーを集客できます。

これを実現する手段がSEOなのです。

 

ターゲティングとは?

人の興味や思考、関心ごとの行動分析によって適切な内容の広告宣伝をおこなうことを

「ターゲティング」といいます。

 

あなたの会社の商品やサービスをもっとも

売れやすく

お客様に興味を持ってもらいたいならば

 

属性に合わせた「ターゲティング」をすることが大事です。

 

「ターゲティング」することにより

お客様の購入するまでのストレス、拒絶反応性のハードルが下がります。

SEOが注目されている理由

検索連動型広告と組み合わせると効果倍増

・「どちらか一方」は間違い
・自然検索と連動型広告でブランド力UP!

■SEOと検索連動型広告の相乗効果
 検索エンジンを利用した集客方法として、SEOが注目されます。
YahooやGoogleが提供する検索連動型広告の2つの手段があります。

 誤解も多いのですが、
いずれか一方を通じて検索上位に表示されればもう一方はおこなわなくてもいい、
あるいはお金や時間の無駄だと考えている人もいるのですが、それは間違いです。
実際には、検索連動型広告とSEOは両方を組み合わせた方が、
いずれか一方のみでおこなうよりも多くのトラフィックやコンバージョンを獲得できることが、複数の会社の調査によって明らかになってきています。

■ブランド力を強める効果が期待できる

 例えば、iCrossingの調査では、SEOまたは検索連動型広告を単独でやるよりも
、両者を一緒に実施したことで、
クリック数やコンバージョン、PV、訪問者数、サイト滞在時間など
多くの項目で良い結果が出ています。
これは検索結果において「面」をより多く押さえ
、ユーザーとの接触回数・露出を増やしたこと
、そして検索上位に表示することでユーザーに信頼を与えた結果と考えられます。

 また、Enqurio Search Solutionsが紹介するホンダの事例では、
SEOと検索連動型広告で最上位にリンクを掲載することで、
「ホンダが低燃費車である」と認知したユーザーが16%増え、
その他のブランドと42%の差がでました。

 一般にはSEOはランキングやコンバージョン数、
訪問者数といった指標で評価されがちですが、
このようなサーチマーケティング全体で最適化することでブランディング効果も
得ることができます。
とりわけ日本ではランキングで一喜一憂する企業担当者が多いのが事情ですが、
もっと実の成果に目を向けて、サーチマーケティングにどの程度の予算を投資すべきかも考えていく必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2014年2月
« 1月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
ページ上部へ戻る