創業補助金の申請のコツ「200万円」もらえる

補助金相談セミナー

 

 

創業補助金を申請しよう!

200万円「もらえる」創業補助金の申請のコツ

返済不要!補助金・助成金制度利用のいろは

 

専門家がアドバイスする補助金・助成金制度の探し方と採択される申請の方法とは?

 

「補助金で資金調達」

 

創業期に一番気がかりなのが資金の問題だという企業家も多いだろう。

 

事業の立ち上げや継続に必要な資金を調達する方法としては、一般的な銀行融資や投資会社からの出資などの方法がある。

最近充実してきた活用しやすい制度として補助金や助成金の制度がある。

国や地方公共団体、民間団体が、創業期の企業をサポート

様々な、補助金や助成金制度を用意している。しかし、これらの制度が十分に活用されているとは言い難いのが現状だ。

 

補助金・助成金制度の探し方から申請手順、申請のポイント等

 

1、補助金や助成金制度というのは、会社を設立した法人が、国や地方公共団体、民間団体などからお金をもらうことができるという仕組みのことです。

2、補助金は助成金は融資とは異なり「返済不要」という点が特徴です。

3、申請や審査が必要です。しっかりと申請をすることで、返済不要のお金を受け取ることができる仕組みといえます。

4、助成金は、要件が合えばほとんどの場合受給できます。

5、補助金は、要件が合っても受給出来ない可能性があります。その理由は、補助金は採択件数や金額が予め決まっているからだといわれています。

6、補助金、助成金は毎年、国や地方公共団体、民間団体、年間3000件程発表があります。

 

補助金と名のつくものは「経済産業省系」の制度が多いですが、助成金は人事など人に関する「厚生労働省系」の制度

「2015年度 3大補助金」

1、新・創業補助金(200-1000万円)

2、予算倍増1000億 ものづくり補助金(700-1500万円)

3、小規模事業者持続化補助金(50-100万円)

3つ全てに申請して
ダブル、トリプルで合格しているが会社もございます。

第一次は3月〆切です。

 

補助合格のための加点ポイント及びノウハウ

■第一回目の補助金募集が最も合格率が高い
■社員の人件費を去年より1%上げる
■経営革新計画の承認を受ける
■図表、画像で根拠を示す
■計画書が、シンプルで小学生でも理解できる
■アルファベットより、漢字で書く←審査員が65歳以上 視力が悪い、審査自体面倒で、人の事業計画なんか読みたくない
■実際にテストマーケティングして、反応がある、売れた実績がある、100人が欲しいと予約が入った等一番重要実際に事業として成り立つのか、どうか?

 

 

まとめ

・補助金・助成金の違い仕組みを覚える

・3000件もの補助金・助成金を活用せよ

・補助金の審査員は65歳以上の審査員が多い申請書にポイントあり

当サイトでは、メルマガ会員様を随時募集いたしております。

メルマガ登録いただくと、補助金・助成金の最新情報、申請のサポートも承ります。
WEBではお伝えできない内容を配信しております。無料メルマガ登録をオススメいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
ページ上部へ戻る