創業者なら申請できる創業補助金とは?

走る

200万「もらえる」創業補助金とは?
創業者なら申請できる創業補助金とは

創業者なら誰でも受給が可能な補助金とは

 

 

新たに創業した人に受け取れる可能性がある「創業補助金」という制度があります。

 

これは最近できた新しい補助金でして、ぜひ着目して頂きたいです。
簡単にいえば創業補助金とは、創業に要する経費の一部を最大200万円までもらうことができる仕組みです。

 

 

第二創業者を含む創業者が対象であり、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的としています。

 

 

この創業補助金をもらうためには、認定支援機関のフォローを受ける必要があります。認定支援機関とは、
国が認定する専門家などの機関ですが、サポートを受けながら事業を進めていくことにより、事業の成功率も高まると考えられますので、申請者にとってもメリットになるのではないでしょうか?
創業補助金受給までの手順

■必須記入事項は、事業内容

■創業のきっかけと展望

■事業についての知識や経験

■それから3年間の事業スケジュールなど

これらの記入すべき内容というのは、ぜひ創業にあたって考えておくべきだと思っています。

 

むしろ、この内容を記入できないで実際に創業すると、事業を回し始めても無駄なお金を先に使ってしまい財政破綻に陥ります。

 

 

専門家などとも相談しながら実現可能性のある計画を立てるとよいと思います。

※手順や、創業補助金の申請書類作成方法についてはお電話または、メールでお問い合わせください。
創業補助金の申請が採択されるには?

では、どうしたら採択される申請書類が書けますか?

創業補助金の採択のポイントは6つあります。これは各都道府県の創業補助金事務局が配布している創業補助金募集要項にも書いてあるのですが、の6つあります。
1.事業の独創性
2.事業の実現可能性
3.事業の収益性
4.事業の継続性
5.資金調達の見込み
6.認定支援機関による支援の確実性

独創性よりも実現可能性の方が大切ではないかと思っています。

 

熱意があり、本当に成功しそうなものが採択されると思います。
逆に、「補助金のため」に申請するような書類は採択されるのは難しいかもしれません。

 

実現不可能と思われるプランを書いていたり、今までの経歴と創業してやりたい事業内容の一貫性がみられないようなことは避けた方がよいでしょう。
採択のポイントを一言でいえば、これから行う事業が「絵に描いた餅」ではないということです。そのためにはしっかりと計画を考えて記入する必要があると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る