岩をも貫く信念で目的を達成する

京セラ創業者の稲盛和夫さんの言葉

■悪条件に打ち克つ、すさまじい信念

例えば、いま自分が年収300万円のお父さんだったら、一体どのような思いを持てばいいのだろうか。現在の境遇に満足せず、さらに高い収入を目指すのなら、稲盛氏は、潜在意識に透徹するほどの強烈な、すさまじいまでの思いを持ち、その目標を達成するための努力をしなければならないという。
つまり『こうなればいいのに……』といった弱々しい希望ではなく、より力強く『どうしても、どんなことがあっても1000万円を稼げるビジネスマンになるのだ』という強烈な思いでなくてはならない。寝ても覚めても、いつもそのことを考えているようでなければいけないのだ。
さらに稲盛氏は、“思い”を“信念”まで高めることの重要性を説く。そうすることによって、社会情勢や経済状況がいかに難しい局面にあっても、願望、目標を達成するための創意工夫と努力が生まれてくるからだ。
つまり、ビジネスマンにも家庭人にとっても大事なことは、心の奥底に不動の信念を持ち続けることなのだ。信念は思いよりワンランク上の、非常に強いパワーがあるから、もしも「状況は我に利あらず」という逆風の場面でも、挫けることなく勇気を奮い起こすことができると稲盛氏は言う。
「残念ながら、最近の経営者はそのことを、あまり重要視しているようには見えません。何かというと『為替の変動で苦しい』とか『マーケットが冷え込んでいて』などという言い訳が先。うまくいかない条件を並べることは簡単ですが、そう思うことが、自分自身を、そして会社を低迷させている元なのです。信念があれば、悪条件を乗り越えてやっていこうという気持ちになれるのです」

↑↑引用

私は素晴らしい考えで全く持ってその通りだと
思っております。

横文字のドミナント戦略とか
やれ○○○戦略などのようなマーケティング

テクニックやノウハウ、マインドセットなんか

糞喰らえです。

人間、成功するためには!
最終的には気合しか無いんですよ!

起業家精神を持ち続けて、具体的な方法論を考えることでその目標をクリアできるんです。

ただ、そうはいっても自分一人だけでは成果は期待できない。自分だけではなく、組織・チームのメンバー一人ひとりとも信念を共有し、一緒になって考え、行動したとき、知恵も湧き、集団は目的に向かって動き出す。
■チームのメンバーと意識を共有することが大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

2015年5月
« 4月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る